【衝撃】明石のあなごとサザエさんの意外な関係とは?

グルメ

【衝撃】明石のあなごとサザエさんの意外な関係とは?

明石海峡でとれる旬のお魚たち

出典 http://www.tv-asahi.co.jp

目の前に海が広がる街「明石」は、鯛やタコなど四季折々の旬でおいしいお魚を頂けます。明石には、大きな河はなく、海は、陸からたくさんの栄養をもらうわけではありません。しかし、美味しい海の幸をたべられるのは、ひとえに潮流が速くて、プランクトンやエビ・カニなどエサが豊富な明石海峡のおかげで、お魚たちは、天然のランニングマシーン?の中を泳いでいるうちに身が引き締まるんですね。

そこで、今回の記事では、明石でとれる旬のオイシイお魚

「穴子」を紹介します。

もしよかったらご一読ください!よろしくおねがいします!!

問題:明石海峡でロナウド、メッシ、ネイマールといえば?

出典 http://trend-news-sokuhou.com

答え:タイ・タコ・穴子

今をときめく、サッカーの点取り屋・スーパースターといえば、顔もイケメン・中身もイケメン:C・ロナウド、くせのある動きが、特徴的なメッシ、華麗な足さばきのネイマールではないかなと思います。明石海峡では、ロナウドが鯛、メッシがあなご ネイマールがタコといったところでしょうか??

ということでメッシじゃなくて、穴子!!

あなごさん

出典 http://mikenekotiger.com

ふぐたく~~ん!

だから、あなごさんじゃなくて!
明石で水揚げされる穴子は、旬をはずしても周年美味しいのが特長です。明石では300g以上の大きなアナゴを"デンスケ"と呼び区別して扱います。

伝助あなごとは??

あなご

出典 http://blog-imgs-92.fc2.com

地域によっては、クロアナゴを限定して「でんすけ」と呼ぶそうですが、明石では、品種に関係なく300gをこえた大きな穴子を「デンスケ」と呼んでいます。デンスケより少し小さいものを最高の味のアナゴとして浜では珍重します。アナゴは、7月から9月、まさにこれからが旬で、一方、巨大魚?デンスケは、11月から2月の冬が旬です。

伝助あなごは通常の3倍以上に大きく育った巨大魚・ジャンボアナゴです。大きい分脂がのっていて、天ぷらや煮アナゴのほか、炙りや鍋などで楽しみます。また"デンスケ"の鍋はハモのそれとは違った脂の旨味が味わえ、浜ならではの隠れた逸品です。しかし、昔は大きすぎて調理しづらいということで、なんと捨てられていたんだととか。。。。今は、鱧のように骨切りします。骨切りはハモほど神経質になる必要はないそうです。骨切りなど調理法の進化が、伝助あなごをおいしく食べられるようになったヒケツともいえますね。

伝助とは?

あなごさん

出典 http://corobuzz.com

あなごでんすけだったら、騒然だ!

ところで伝助とは、いったい何でしょうか?伝助あなごの由来をしれべました。
伝助アナゴは昔は骨が太く大きいので調理しずらいと敬遠され、兵庫の昔話に登場する「大きくて役に立たない人物」である伝助の名を取り呼ばれるようになったそうです。しかし最近では普通のアナゴより脂が乗っていて身が引き締まった独特の食感が人気になったそうです。

となりの伝助はんは、ええ嫁さんをもらって、えらい立派になりはった!!
という感じ?ですね

あなご情報

おいしい穴子丼が食べれるお店
でん助

伝助の水揚げ情報
明石魚家

伝助の魚釣り情報
フィッシングマックス

明石の名産
焼き穴子

あなごさんも出演しているサザエさん
放送スケジュール

おウチで簡単あなご飯の素

サザエさんをたべてみない?

さざえさんケーキ

出典 http://image.rakuten.co.jp

磯野家ファミリーケーキ

まとめ

明石の旬のお魚「あなご」いかがでしたか?
伝助はんは、冬が食べごろですが、フツーの穴子は、これからが一番おいしい季節です。
もし、よかったら、明石へおこしなり「あなご」をたべて、
えらい立派になりはった!と言われてくださいね

最後まで読んでくださり感謝しています。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ