いかなご漁解禁まで後2日!2017年解禁日は、3月7日!

グルメ

いかなご漁解禁まで後2日!2017年解禁日は、3月7日!

いかなご漁ってどんな漁??

船曳網(ふなびきあみ)漁業です。

船曳網漁業は、船と呼ばれる2隻の漁船と、魚群を探し網船を
誘導したり漁獲物を積込み運搬する船(運搬船)の3隻で行われます

200~300mもある袋状の網を2艘の船がゆっくりと引っぱり、
泳いでいるいかなごを群れごと獲ります。

袋の先は着脱式になっていて、
もう一艘の運搬専用船に獲れたいかなごを揚げ、港へと運びます。

地元の魚屋さんに40年勤めていた方の話しですと
最近は、魚群探知機=レーダーを使っていかなご=シンコの群れをさがすそうです。

出典 http://sakamainc.xsrv.jp

イカナゴの新子の群を船曳網の船団が追います。
兵庫県は全国トップクラスの水揚げをほこります。

朝6時ごろ、日の出とともに漁場に網を入れ、
11時ごろに上げるまで、
何度も水揚げして
運搬船が沖と港を往復します。

出典 http://t18.pimg.jp

いかなごは、どこで獲れるの?

淡路島周辺の砂地の浅瀬(鹿の瀬・沖の瀬)で生まれたイカナゴと
岡山・香川県周辺の砂地の浅瀬(備讃瀬戸)から生まれたイカナゴ
播磨灘・大阪湾が漁場となります。

漁場では、レーダーを使って
一気にいかなごを獲るそうです

2016年のいかなご漁の様子です!

2016年は、超不漁でした!
今年も不漁が予想されています。
心配です

ちりめんじゃこと同じで釜揚げされます

出典 http://imgx.area.walkerplus.com

鮮度が命のいかなごは、その場で釜揚げにされます。
大根とポン酢で食べるのが、いいですね!

いかなご漁は、日曜日が禁漁日

7~8年前から、いかなごの「禁漁日」が、
大阪湾・播磨灘では日曜日に統一されました。

なので。。。。
土曜日にいかなごを買い求める方がおおく
スーパーでは、長蛇の列になります。

しかし、この行列も、最近のこと

明石の春の風物詩となったいかなご
今でこそ主婦が家庭で作るくぎ煮が定着してますが
くぎ煮を作って販売する加工会社はありました。

現在のようにテレビや新聞で
大きく取り上げられることは少なかったそうです

漁協婦人部が主婦向けの料理教室を行い、
家庭料理としての普及に努めたことや、
「コープこうべ」も普及活動に乗り出したことによって、
家庭料理としても人気が出ました。

また、1995年の阪神淡路大震災の後、
被災した神戸の人たちがお世話になったお礼として、
瀬戸内独自の味であるくぎ煮を
全国各地の知人へと送ったことが、
きっかけとなり爆発的な人気になりました。

漁獲量の減少
近年のいかなごの人気とあいまって
7~8年前から禁漁日が設定されました。

いかなごの解禁まで後2日です!!

1

関連記事

月別アーカイブ